デザインナイフと同じくらい切り絵を作るのに欠かせない道具とは

デザインナイフと同じくらい切り絵を作るのに欠かせない道具とは

こんばんわmisaです^^

今日は前回切り絵には欠かせない
デザインナイフなどの刃物について
お伝えしたと思います。

ナイフと同じくらい大切な道具について
今日はお伝えしようと思います^^

 

切り絵作品を作るのに刃物と同じくらい大切な道具とは?

切り絵に必要な道具は今のこの便利な世の中
格安で手に入ります。

なんならすべて百均でそろいます。
本当に便利な世の中ですね^^

カッターで紙を切るときに
下に敷くカッターマット
これが大切なのです!!!

それはなぜか?

画用紙とともに指も切りまくり
多くの作品を作ってきた私がお答えしましょう(笑)

 

安価すぎると指を切る

はい、指を切ります(笑)

切り絵のカッティングは
慣れてしまえばちょっとしたテクニックで
切りにくいところもササッと切れるようには
なります。

だがしかし安いマットって
表面がカッターによって毛羽立ってくるのです

この表現か正しいかわかりませんが
削れてくるんです(笑)

気にせずカットするでしょ?

ナイフの先が毛羽立った・削れたところに
引っかかるでしょ?

「あれっ?おかしいな?」と力を入れるでしょ?

反動で刃先がバインっとはじけて

人差し指にピットイン・軽い出血

深夜二時・寝不足・予想外のケガ(笑)

 

安価なマットを使うと作品が撚れる&汚れる


先ほども言いましたが
安価なマットを使うと毛羽立ってくるんですよね

この表現が正しいかはわかりませんが
削れてくるんですよね(あれ?既視感・笑)

気にせずカットする。

切れば切るほど作品の紙に

カッターマットの削れたカスが付きまくる(笑)

毛羽立ったところに引っかかる

思い通りに刃が動かなくなった?
おかしいな?と力を入れる

反動で刃がバインっと弾ける

カッターマットがずれて
切り絵作品を抑えていた手もずれる

刃先が作品にめり込みグシャッとなる

深夜三時、もう発狂する(笑)

安いカッターマットには気を付けろ!!!
アイツら全力で潰しに来るぞ!!!!!!

 

そんなに高くないからブランド物を使おう

↑後ろに映ってるのがオルファです

カッターマットって名の知れたところの
大きいものを買ってもそんなに高くないんですよ

百均のも悪くはないんですが
悪くはないんですが(2回言いました)

先ほど書きましたがトラップ多し!!!
心が折れる!!!

なのでマットは本当に良いものを買いましょう…

私は昔トレス台を買った時についていた
カッターマットを使っていたのですが
光を通すために作られていつからか
丈夫なんですが少し薄いのです

彫紙アートでは力を入れるので
「いつか貫通する!!!!」と思いました(笑)

なのでカッターの刃で有名な
オルファのカッターマットを
愛用中です!

お値段もお値打ち価格で1000円でおつりが来たと思います!
大きさはB2だったような気がします
でかいです!!!!

安定のうる覚え(笑)

しかしさすがブランドもの!
切っても切ってもうっすらと刃の跡が
付くくらいで毛羽立ったり
中身が出ることもありません!!!

素晴らしい!さすがオルファ!!!

ちなみにデザインナイフも2本
オルファのものを愛用しております。
切り絵に関してはオルファ信者です(笑)

 

切り絵作品を本格的に作成するならオルファで決まり!


切り絵作品を作るのに入りは安価なものでも
十分だと思いますが
慣れてくると色々使い勝手の悪さやケガが
増えてくると思います。

本格的にするならプロも使っている
モノを使いましょう!!!

作品に対するダメージも少ないので
納得出来るものがつくれると思います^^

是非参考にしてくださいね☆

 

みさびは大阪に天才切り絵アーティストな高校生が現れたので彼に全ての画材を譲り

切り絵を卒業しました(笑)

オススメの記事

不思議な経歴のわたしの個人情報はこちら

独学系デスメタル系管理栄養士misaって誰?

私はいろんなことを独学で学んできました

同じように独学でデッサンを学ぼうとしている人にオススメの記事です^^↓

独学を続けるために大切な3つのコツ

私が一度栄養士を辞めるきっかけになった健康寿命について

自分の道を見失っている人に読んでほしい

夢を追いかけようと思った健康寿命という考え方