皆が苦戦する!!見たままを描くデッサンの練習方法とは?

NO IMAGE

おはようございます!みさびです٩( ᐛ )و

私はたまにデッサンの練習をしているのですが

はじめは全然描けませんでした
調べてみると、どうやらデッサンには

コツがあるようなんです!

今回は私が今まで独学してきて気づいたことについて

お伝えします^^

絵の基本?デッサンはなぜ必要なのか

デッサンは日本語では素描と言います。
「目の前にあるものをそのまま書く」という事

だそうですがただ似せて描くのではなく

ただありのまま・見たままを確実に書き写していく

という考え方のようです

極端に言えば自分の目をカメラにして

そのまま書き出す。

 

あまりアートな感覚はそこでは

求められていないのかなと思います

あくまで正確に情報を伝えるための練習です
デッサンが上達すると自分的に

ストレスなく描きたい絵が描ける

と経験上感じました^^

 

やはり、日々練習上でも自分自身上達していると

実感したいしモチベーションを上げるのにも

デッサンは不可欠だなと感じます。

 

 

素人でもできるデッサンの練習方法

私が独自に本やネットで調べた方法なので

これが正しい方法だ!というわけではありません。
そして実際に先生から教えてもらうにしても

皆さん方法が違うそうなので

練習方法の一つとして捉えていただけたと思います。

 

鉛筆の考え方

 

 

 

デッサンでいろいろ検索していた時に
中村佑介先生のtwitterにて
デッサンの指導法が書いていたので
参考にさせていただきました。

ちなみに中村佑介先生は超有名なイラストレーターの方です

私の同世代なら聞いたことあるでしょう!
人気バンド、アジアンカンフージェネレーション
通称アジカンのCDジャケットや
今度映画化?する夜は短し恋せよ乙女の
表紙で有名ですね

どうやら芸術系の大学出身で
もちろん基礎はしっかりしています。
そんな先生が教えるデッサン方法なので
素人の私には十分すぎるほど価値があります。

先生がおっしゃることを簡単に説明すると

  • 鉛筆を何種類も揃える必要長いと
    絵画教室で習った

  HかBが一本あれば十分だ!と
  言っていたようです(うる覚え)

  • 一つの鉛筆でたくさんの濃淡が出せるので
    それを知る。

  これは私も過去に絵画教室の体験に
  行ったときに実際に体験しました。

  一つの鉛筆で薄い色から濃い色まで7段階ほど
  ブロックに分けて塗りつぶしていきます。
  鉛筆の濃淡を知る、可能性を知る
  ということでしょうか?

  • 実際に描いてみてすべての濃淡が
    実際にどう使われるのか体験する

  中村先生は使っていないきれいな消しゴムを
  デッサンする流れをtwitterに上げていました。
  先ほどブロックごとに濃淡のグラデーションを
  作ったものを参考にしながら
  ここはこの段階の濃さと割り振っています
  7段階ほど分けた濃さ全てを使っていました。

 

一つの鉛筆でたくさんのことを表現できることには驚きました。

上達すれば画材は選ばずに

クオリティの高いものが描けるという事です

まさに弘法筆を選ばずとはこの事ですね

 

今ボールペンアートも流行ってます!

世界のインスタグラマーが愛用している画材について↓

世界でブームになってる!?ボールペン&鉛筆画で愛用されている商品って?

見たままのイメージを線ではなく色の濃淡と捉える

人の顔を描くときの多くは線で輪郭をとらえていくと思います

しかし人の輪郭には線は引かれていません

影や奥行きの感じで顔が浮かび上がって見えて

輪郭のキワが線に見えるのです。
デッサンではモノの輪郭を描く場合

なるべく線を引かずに描いていくそうです。

(アタリを付ける時には線をペッて描くでしょうけどね)
様々なモノには線に見えるものが存在しますが

実際、線は存在しません。

これを意識することでデッサンが上達する

どこかで読みました(笑)

 

もっと人物のデッサンに力を入れたい方にオススメ^^↓

人の顔を描く上で意識するべきたった一つのポイントとは?

 

デッサンまで行かなくても気軽に似顔絵を楽しみたい人はこちら↓

サラッと似顔絵を描く為に!3つのコツを知ってる?

 

上達にはひたすら練習あるのみ


絵画教室の先生などから直接習う場合

花瓶や本、野菜やフルーツ、レンガなど

色々なモチーフで練習させてもらえるようですが
独学で学んでいる私には

指導してくれる先生はいませんし

モチーフも家にたくさんありません
なので実際に描くときは好きなアーティストの写真

を見ながらひたすら描くという練習をしています。

知り合いの若い画家さんからも人物には好きなアーティストを

良く描いて練習していたのでお勧めですとの口コミ?も

ありました(笑)

確かに絵を描く人は好きなアーティストを描いている人多いですよね^^

twitterでよく見ます 

 

前に地元で活動している

プロの鉛筆画家さんと話す機会があり

「どうやったら人の顔が上手に描けますか!!!」と

泥酔しているときに聞いたことがありますが(笑)

 

 

 
「石膏を描け石膏を!!!!」

 

 

と言われました(笑)

勝さんその節はありがとうございました

そしてごめんなさい(笑)

やはり実物をしっかり見ながら描くことが一番の

上達法のようです。

実際人の顔は目元のへこみや小鼻わきのボコッと

したところ等様々な形が合わさっているので複雑です。

 

お金に余裕がある人は石膏を購入して

練習することがいいかもしれません。

 

私もいつか石膏を手に入れたいです^^

 

もちろん石膏を見ながら練習せずとも

ものすごく人の顔を描くのが上手な方は

たくさんいますが
やはりその分時間をかけていると思います。

どちらにせよデッサンとは長い付き合いになる

と思いますので根気よく練習していきましょう。

 

 

追記

 

皆さんデッサンの練習を続けていますか?

 

私はサボりマクリスティですが絵は描きまくっています(^^)

 

少しでもデッサンの概念を分かっていると

自分の中で似せなきゃいけない!

というプレッシャーと上手く付き合えます。

 

感覚で描かずに正確に描く。

 

人の絵や、何かのモノを描いても

少しも近いものが描けなければモチベーションは下がるものです。

 

似せなきゃ似せなきゃ!とパーツやポイントに囚われることがないように。

全体をよく見て、実物と見比べてみましょう。

 

いつだって追い込んでいるのは自分かも知れません。

(私はそうでした…笑)

時には追い込むことも必要かもしれませんが。。

 

絵を描くのはとても楽しいので

気楽に!楽しみながら描いていきましょう

 

数をこなせば必ず上手くなります

どんな人でも上達しますよ

経験は裏切りませんからね(^^)

焦ってもうまくなりませんよ!(-ω-)

 

Misa Bisonteって誰という人はこちら↓↓↓

 

私はいろんなことを独学で学んできました

同じように独学でデッサンを学ぼうとしている人にオススメの記事です^^↓

独学を続けるために大切な3つのコツ

 

絵を描く人なら必ずやったことがあるであろう模写。

しかし模写も使いようによってはあなたを狂わせってしまうかも…

やりすぎ注意!?絵の上達に模写は意味がないのか?
私が一度栄養士を辞めるきっかけになった健康寿命について

自分の道を見失っている人に読んでほしい

夢を追いかけようと思った健康寿命という考え方