憧れるだけではダメ!心の芽を大切に育てて夢を叶える!

憧れるだけではダメ!心の芽を大切に育てて夢を叶える!

 

こんばんわmisaです^^
新しい職場に慣れてきました。

働かずに独立の為に時間を費やそうと思いましたが
経済的な理由もありますが、働くことで
学ぶこともあるなと思いまして、働いてます(笑)

人と関わることって大事ですからね。
しかも今まで働いたようなことがないところなので
テンションが尋常じゃないほど上がっています(笑)

私は今まで憧れてばかりなことが多々ありましたが
最近、自分の夢を叶えるために
様々な人と関わることが増え

憧れるだけじゃダメなんだなと
実感しました。

どういうことでしょう?

小さな”心の芽”が育つ前に憧れだけで終わってしまう

子供の頃は魔女の宅急便にあこがれて
ほうきにまたがり屋根の上から飛ぼうとしたり
(思いっきり怒られた)

ピーターパンのようにティンカーベルの粉で
空を飛べると信じたり
色々考えていました(笑)

流石に非現実的だから叶わないと思いがちですが
こんな子供じみた気持ちを持っている人の夢は
叶っているように感じます。

たとえば宇宙。

過去になれば過去になるほど
人が宇宙に行くことなんておとぎ話

しかも宇宙飛行士とか誰でも目指せるものではない
「敷居が高い」ものでした。

それが今ではどうでしょう。
あと何年かしたら一般の人も宇宙旅行を
楽しめるというニュースをたまに見ます。

その状況にしてくれた人たちは
子供のころから宇宙への想いを
大切に大切に育てて

皆が皆、宇宙飛行士になれなくても
自分ができる仕事で宇宙にみんなが
自由に行けるようにサポートしているんですよね。

 

大人になってもみんな子供の心を持っている


私もずっと子供のころからかなえたい夢を
心の中で大切にしてきました。

毎日の忙しさに忘れてしまったりしましたが
消えてなくなることはありませんでした。

本当にやりたいことって子供のころから
変わってないんです。

先日やりたいことがわからない人へ記事を書きました。
是非子供の頃を思い出してほしいです。

未だに大切にしていたものが
気づかず残っているかもしれません。

もういい大人だから、とか
子供じみて笑われそう、とか
いいんです。

あなたが感じて人知れず大切にしてきたものは
この先もずっと消えないと思います。

そしてあなただけの人生です。
笑われたっていいじゃないですか
笑わせてあげましょう。

 

以下同文、不特定多数の一人になるな。


日本人の悪いところは
皆右向け右なところ
私は本当に嫌いです。

ちょっとでも違う方を向けば
変わり者として
私のすべてを「アイツは変わっているから」と
笑いのネタにされたりします。

これだけ人間がいて一人一人絶対違うところは
出てきます。

これが個性です。

みんな違うのです。
みんな違ってみんないいとかなんか言いますが
個性を認めない風潮はまだ色濃く残っています。

その他多数、以下同文という表現は
わたしは皆同じという意味に感じます。
(なぜか母がよく使います・笑)

わたしはわたしなので以下同文にはなりたくありません。

私は絵を描いて生きていきたいし
周りに仲間がいなくて目指す人がいなくても
目指していきたい。

 

憧れてもよし!そこに近づける努力をしよう!


夢や憧れを心の中で少しずつ育てながら夢に向かうこと。

今まで何度も言ってきましたが行動することです。

夢に向かい行動すること。

そうすると憧れている気持ちが起爆剤になります。

憧れているだけでは不発弾となり
いつか理不尽な形で暴発して周りを傷つける
場合があります(笑)
(たとえばあの時親が進路の邪魔をしたからと言いがかりをつけたり・笑)

思いっきり良い爆発を起こすことです。

あなたの中でくすぶっている夢の不発弾、処理しませんか?(笑)

 

心に眠っているたくさんの不発弾を見つけて処理しよう


いままで生きて来てたくさんの経験をして
心にとめてきたたくさんの夢・憧れ

そしてたくさんの経験をして来たからこそ
忘れてしまって奥底で眠ってしまった不発弾
処理していきませんか?

夢を叶えるために憧れの気持ちを起爆剤に
行動を起こしましょう!

思わぬ方向に進むかもしれないし
想像していない世界がこんにちわするかもしれませんし

誰にもわかりませんが
行動してみませんか?

憧れて終わる人生、やめませんか?^^

 

不思議な経歴のわたしの個人情報はこちら

独学系デスメタル系管理栄養士misaって誰?

私はいろんなことを独学で学んできました

同じように独学でデッサンを学ぼうとしている人にオススメの記事です^^↓

独学を続けるために大切な3つのコツ

私が一度栄養士を辞めるきっかけになった健康寿命について

自分の道を見失っている人に読んでほしい

夢を追いかけようと思った健康寿命という考え方