画家活動の第一歩!初心者向けポストカードを作る3つの方法とは?

NO IMAGE

 

おはようございますmisaです
皆さん、ポストカードの作り方って知ってますか
私もいざ作ろうと思った時に作り方がわからず躊躇したことがあります

手書きで1枚1枚書くのも良いのですが
果てしない作業ですしせっかくできた原画を
手放すのも惜しい気がします

今回はポストカードの作り方、そして
自分で調べて実際に行った方法について
お伝えします

ポストカードの作り方には方法がたくさんある

はじめに作り方が全くわからなかったので
ネットで調べました

初心者向けに作り方は大きく分けて3つです

1・データを作りネットで外注する


まず原画を用意し、illustratorやExcel、
ワードやPDFでデータを作りネットで
印刷会社へ入稿するという方法があります。

慣れてしまえば簡単と思いますが
自分的に家で原画をスキャナすると
鮮やかさが落ちてしまったり

実際にデータを送り出来上がりを見て思ってるのと思っているのと違うというのがありそうで怖いです

しかも発注枚数は50枚100枚という単位が
ほとんどなので安めに価格設定をしていても
在庫を抱えてしまい手は出しづらいかなと思います

もちろんデータ送るだけであとは勝手に
作ってくれて家まで送ってくれるので
その点ではとても手間が省けて良いでしょう。

この方法は何回かやって自分が
慣れていくしかないと思いました

 

2・実際に店舗に行って仕上がりを自分で見ながら発注する

 

私が実際にやった方法はこれです
地元にキンコーズができたのでそちらに出向いて
お店の人と相談して用紙を決めたり
色合いを決めたり余分なものを消してもらったり
調節してもらいました

ネット上で外注するよりも少々高値になりますが
実際に目で仕上がりを見ながら相談できると言う
点ではこちらの方が安心してできます

紙の種類も多岐に渡り、お店に行けばサンプルがたくさんあるのでとても勉強になります

3・手書きで作成


1枚1枚の限定になってしまいますが
手書きで作成する方法もあります

画材屋さんに行けばはがきサイズで
様々なタイプの紙が売っています

量産して販売するには向いていませんが
原画作品を手に取ってもらえるので
プレミア感があります

イベント等でさっと描いて
販売するのもウケがいいと思いますよ!

周りの作家さんは手書きの作品を高くて
1,000円ほどで売っています。
有名になればもう少し高値でも売れるかも
知れませんね^^

 

他にも方法はあれど。。

上のリストにはあげていませんが
自分の家でコピーしたり

キンコーズではコピー作業をし
カッティング処理まで自分で行い
手間をかける分、安価にする方法もあります

しかし初めて行うには失敗のリスクが高いです。
外注できる分は思い切って他の人にお願いして
浮いた時間で絵を描く方がいいです。

慣れてしまえば何でも自分でできるようになり
便利なのですがそれまではストレスがかかります。

余計なストレスは抱えなくてもいいと
私は思います。

自分の絵には妥協せず任せられることは
周りに甘えましょう。

illustratorでの入稿データの作り方は
知っておいても損はないと思いますけどね。

 

画家活動の一歩にポストカードを作ろう!

どんなことでも行動を起こさないと始まりません。
ポストカードを作って販売してみましょう^^

価格の付け方は私はかかった費用+αにしています
値段の付け方ってわからないものです。

しかし自信を持ってください
あなたの絵はあなたにしか描けません!

価格が低い・高いはお客さんの
反応を見て調節すればいいのです。

小さなことから挑戦してみましょう^^

 

 

不思議な経歴のわたしの個人情報はこちら

独学系デスメタル系管理栄養士misaって誰?

 

私はいろんなことを独学で学んできました

同じように独学でデッサンを学ぼうとしている人にオススメの記事です^^↓

独学を続けるために大切な3つのコツ

 

絵を描く人なら必ずやったことがあるであろう模写。

しかし模写も使いようによってはあなたを狂わせってしまうかも…

やりすぎ注意!?絵の上達に模写は意味がないのか?

 

デッサンは習わなくても何とかなる!?

デッサンは習うより慣れろ!!!!

 

私が独学で学んだデッサンの方法

見たままを書き写すデッサンの練習方法とは?

 

私が一度栄養士を辞めるきっかけになった健康寿命
について

自分の道を見失っている人に読んでほしい

夢を追いかけようと思った健康寿命という考え方