【自分を見つめ直す】健康寿命を意識するとやりたいことが鮮明になる。

【自分を見つめ直す】健康寿命を意識するとやりたいことが鮮明になる。

こんにちわみさび(twitter@misabisonte insta@misabisonte )です^^

私が栄養士時代、自分の人生を見つめ直したきつかけになった健康寿命という考えです。

健康に興味がない方も「こんな言葉があるんだな」と読んでいただけたら嬉しいです( ´ ▽ ` )

健康寿命とは?

 

自分の力で好きなことができる期間=健康寿命

 

みなさん、健康寿命って知っていますか?もしかしたら聞いたことあるかもしれませんね。

解りやすくいえば長い人生の中で「健康で活発に過ごせる期間」のことです。

WHO(世界保健機構)が提唱しているようですがそれはさておき。

大学生の時に授業で知ったのですが、その時愕然としました。
自分(その時20歳)の健康寿命を考えてみたらせいぜい長くて30~40年。

長いようで短いことに気づいたからです。

 

人生の中で「好きなことができる期間」は限られている。

 

平均寿命が伸びた伸びたと言いますがそれは老後何もできず床に臥せっている期間も含まれます。

生命は生きている。でも何もできない。

 

そして人間は生まれてからすぐ自分の意思で好きなことができる訳ではありません。

赤ちゃんは自分の力でご飯も食べれない、文字も読めない、お金も稼げない。

多くのことを学ぶ時間が必要です。例えば18歳までは人として多くのことを学ぶ期間だとすると好きなことができるのはそれから後の期間です。

その後の「健康で活発に過ごせる期間」はどうでしょう?

仕事して残業して、プライベートを上司やお得意先に付き合わされて自分の貴重な時間を疲弊してますよね。

週末は疲労で寝てしまう人も多いです。

 

大切なことを気づけない現実

 

私もそうでした。
管理栄養士時代は職場によってはシフト制で、休みたいときに休めない・有給は取れない・休みの日に電話かかってきて呼び出しを食らう・呼び出しが不安で夜も眠れない、そんなことの繰り返しでした。

そんなことが続くと「私は何のために働いてるんだろう」と思うようになり大切なことが何かわからなくなってしまいました。

せっかく稼いだお金もありがたみを感じることができず、心の疲れを埋めるために無駄遣いを繰り返し貯金はできないまま。

そんな日が何日も何年も続きました。

 

助言は皆、いわゆる”当たり前のこと”しか言わない。

 

自分でもどうにかしなきゃ!このままじゃいけない!と思い、いろんな人に相談しましたがみんな言うことは同じでした。

「皆そうして我慢してきた、お前だけじゃない」

「こんなことも我慢できないのか、甘えるな」

「公務員になればよかったじゃないか、就活しなかったお前が悪い」

 

私、本気で公務員を目指したことはありません。(本当に親によく言われます)

栄養士時代仕事にやりがいを全く感じなかった訳ではありませんがこれから先も退職するまで栄養士以外の選択肢はないと思うと本当に嫌です。

 

私は好きなことをしたい

自分に正直に生きたい

 

 

 

残り少ない「限られた」健康寿命をめいいっぱい楽しみたいし、自分を世界に発信したいんです。

私は絵を描きたい

そう思いましたが仕事を辞めること、栄養士として働いてきた時間を止めてしまうことを躊躇しました。

何よりお金を稼がないと生きていけないからです。

しかし

仕事というよりお金に執着していた人生から自分の残りの人生へのあり方を改めて考えてみた時、世界が違って見えました。

どちらも私の人生なのにまるで違う人の人生のようでした。

私は他人の人生を今まで生きてきたのだと、自分の本当の気持ちに向き合わずあぐらをかいて毎日の貴重な時間を浪費していたと気づくことができました。

 

新たな一歩を踏み出す!

 

 

そこからの決断は早かったです。

今までは仕事以外の時も頭の中は仕事に支配されていましたが私は毎日、プライベートの時間を誰かに支配されることなく気分のままに絵を描けています。

余裕ができたことで多くのことを吸収し絵に反映させていくことができ、前より絵に自信が持てるようになりました。

 

 

夢があるたくさんの人へ

 

最後に、30歳からでも遅くない。その通りです。

しかし「健康寿命」を意識すればどうでしょう。

意味合いは変わってきます。いつだって始めた瞬間が人生で一番早いタイミングだと言われます。

私は今この記事を見てくださっている方の今までの人生を否定するつもりは全くありませんが、もし夢や目標を先延ばしにしている方がいるなら大切な自分の為に、家族や両親、周りの方の為に。

今一度考えてみましょう。あなたの人生は一度きりです。

 

Misa Bisonteって誰?と言う人はこちら↓↓↓