水貼り不要&剥すのがポイント!インスタで衝撃を受けた画材とは?

NO IMAGE

おはようございます!
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、私がインスタを始めて
はじめて見て衝撃を受けた画材【水彩用紙】について
お伝えしようと思います。

これは知っていて損はないですよ!

 

なにこれ!?衝撃の画材

水彩画を描きたいけど…問題が!!!

私はもともと漫画を描いていましたが
カラー原稿が苦手で
何で色を塗ればいいんだ!

と嫌煙していました

特に紙がヘタる!
ぐにゃんぐにゃんになるぜ!
なしか!!!(大分の方言。訳:なんで!)

絶対カラーの絵なんて描かないと決めたけど

インスタを始めて
皆さんの絵の上手さや
使ってる画材(W&Nの固形絵具)が欲しい!
水彩を描きたい!!!

と欲求にかられました。
が、問題は紙。

 

調べ魔のmisa、方法を見つけるが…

調べると水貼りなる方法があるようですが
ある方法で

「風呂に一晩紙を付けて…」

と方法が描いてあり

「めんどくせぇ!!!!」

と諦めました(笑)
私は今すぐ描きたい

 

 

SO、面倒はごめんだZE!!!!

 

たまたま見つけた固形絵具とある画材

 

インスタ徘徊を始めて

 

最初に好きになった作家さん

 


(クアラルンプールで活動中らしい。)

彼女が使っていた固形絵具に衝撃を受け

次に使用している紙に衝撃を受けまして。

彼女は水貼り不要の四方をノリで固められた
画用紙を使用しているようでした!!!

 

 

なんだこれは!!!!
調べてみると

 

画用紙がブロック状になっており
12~15枚ほど重なって普通の画用紙より
頑丈で消しゴムにも強く

裏移りしない、様々な画法に適している
描いた後は一枚一枚はがせるようになっている

一か所ノリが付いていないところがあり
そこに定規などを差し込んでぐるっと
一周すると簡単にはがせるという仕組み。

完全に表面が乾いてからはがせば
紙はピン!と張った状態で
ぐにゃぐにゃになる心配もない!!!

こんなものがあるとは!!!
もちろんすぐに買いました(笑)

 

実際に使ってみた私の感想

 

 

 

良い!!!!
良いよ!!!!

 

 

もっと早く出会いたかったし!!!

 

 

misaの画用紙スペック

私がはじめに買った画用紙ブロックはこちら

 

 

 

ホワイトワトソン 300g SM 15P
1260円

SMはサイズらしい。
小さ目でA4より小さい。

他にもサイズ展開あります。
F2とかF8とかいろいろ

 

良い点

 

紙も厚めで
塗っても普通の画用紙のように
表面がボロボロになりにくいし

裏移りしない!
そして一番はやはり
水貼りという高度なテクニックが
必要ない!!!

即描けるし
気分屋の私にぴったり(笑)

紙もぐにゃんぐにゃんにならない!
そしていろんなメーカーから
紙のタイプから大きさまで
多くの種類あり!

まだここのメーカーしか
使ったことがないで
また他のタイプを使ったら
お伝えします!

 

デメリット

 

ちょっと高い?かな

でも質も出来上がりも大満足
15枚と少ないですが

一枚一枚入魂の作品を描くぞ!!!
と気合が入って逆にいい効果があるかも…(笑)

あと
大きさのサイズに限りがある。

なじみのあるA4とかB5とかではない
画材?に使われるサイズ基準のものしかないです
(見たことないです)

ものすごく大きいものを作りたい!
とかだったら頑張って水貼りするとかしか
方法はないのかも…???

そこはまた探してみます!!!

どのみち水貼りはいつか
マスターする必要がありそうです…(笑)

水彩画が描ける
布製のキャンパスもあるようなので
今度試してみようと思います^^

 

ちょっとしたコツ?ヒント

画用紙と画用紙の間のノリをはがすのに
差込口に定規等を差し込んではがすのですが

専用のペーパーナイフなんてものもあります☆

安価なものを私も使っています

下の新しい画用紙を汚さないためにも
専用のものを使うのも一つのポイントですね

汚したら創作意欲も落ちます(笑)

まとめ

 

手軽に水彩画を描くには
画用紙のブロックタイプがお勧めです!

田舎の方の画材屋さんにはないかもしれません!
ネットでチェックしてみてくださいね^^

 

不思議な経歴のわたしの個人情報はこちら

独学系デスメタル系管理栄養士misaって誰?

 

私はいろんなことを独学で学んできました

同じように独学でデッサンを学ぼうとしている人にオススメの記事です^^↓

独学を続けるために大切な3つのコツ

 

私が一度栄養士を辞めるきっかけになった健康寿命について

自分の道を見失っている人に読んでほしい

夢を追いかけようと思った健康寿命という考え方