インスタ徘徊してまた見つけた鉛筆画・ボールペン画作家愛用の画材

インスタ徘徊してまた見つけた鉛筆画・ボールペン画作家愛用の画材

おはようございますmisaです

よくインスタで鉛筆画やボールペン画を
チェックするのですが

そこでも多くの気づきがあります。
今回はそちらについての
画味の考察をしていこうと思います^^

 

身近なものでレベルの高い作品がつくれる!!!

 

 

鉛筆画とデッサンの違いはパッと見
いまいち解りませんが(笑)

アート作品か練習か?的な感じだと
私は思っています(適当)

インスタを見ると本当にリアルで
なのに人によって違うんですよね
シンプルな画材ほど本当に面白いです。

水彩画より手に入りやすいものですが
シンプルな分難しいです^^;

 

絵を描くには鉛筆の削り方から入るらしい。

 

どうやらその様なのですが
どちらかというと鉛筆画よりデッサンの
ほうが鉛筆を削るところから
始まるらしいです
(何言ってるかわからなくなった笑)

削るポイントはどれだけ広い範囲で
鉛筆の芯を出せるか??
ということにかかっているとのこと(笑)

なんでかっていうと
長く出せるほど削らなくていいからって
一度デッサンを教えてくれた先生(美大出身)
が言っておりました

さっと塗りつぶすときにも広い面で
塗れた方がいいし長い方がいいよと。

めんどくさいだけなんじゃ…(笑)

 

鉛筆だけじゃなくて他の画材も使う

 

 

基本的に鉛筆と練けし(普通の消しゴムでも可)を
使用するのが主流のようですが

シャープペンシルを主に使う方もいるようです。

ハイテクかアナログかの違いで
同じものなんですけど

すごい絵が上手かったロシア人らしき
インスタグラマーさんは
シャープペンシル4~5本を使い分け
中でも芯を0.3と0.5などでさらに分けておりました

鉛筆の濃さだけで分けるんじゃなく
芯の細さも関係があったようです。

私は0.3のシャーペンは持っていないのですが
試し描きをしてみたら描きやすくてびっくりしました

顔の細かなパーツを描くのに
安定した細い線が描けたので
いつか買うと思います

また画材増える…(笑)

あとホワイトを入れたいことろに
思いっきりホワイトのペンや
前に記事にした画材を使ったり
もはやルール無用(笑)

しかしホワイトをピッと入れると
グッと絵が引き締まります!!!

 

ジャンルとして確立しそうな勢いの青ボールペンアート

私がインスタを見るようになってまもなくの頃
見て感動したのが青ボールペンアートです!!

鉛筆画とはまた違う
本当に素敵なんですよね!!!

水彩画と同じくらいマスターしたいです^^

そしてしばらく見つづけると例によって
世界中のインスタグラマーが同じ青ペンを
使っていることを発見します(笑)

 

青ペンアートで支持率が高い?皆さんの愛用ボールペン

 

 

世界中で愛好家が多い青ペン
papermate!!!

 

(写真のボールペンはpapermateですが該当の

ボールペンではないです笑)

日本でも手に入るし通販でも手に入ります

なにより恐ろしいほど安い!!!!
地元の某宮崎発祥のホームセンターの
超大型店舗で30円ほどで売られていたので

皆さんお察しの通り
例によって爆買いしました(笑)

青だけでなく黒や赤も売ってます!
モノによっては不良品があるようなので
購入の際は試し描きをお勧めします^^

しかしながら
爆買いしたくせに可能性を探るべく
今は百均で購入した青ペンを使っています(笑)

 

本物のプロは画材を選ばないというけれど

確かに選びません!おそらく(笑)

しかし、どうしても気分が乗らないとか
ハマらない!
こっちの方が自分に納得した作品に近い!

と思うのならそちらを使ってもよいのです
人間なので完璧ではありません(笑)

こだわり過ぎず
好きなものを使い、アートを楽しみましょう!!!

もちろん私は形から入りますが(笑)
やる気が出るので絵がどんどん上達します^^
イイ事しかない!!!

是非、皆さん画材を買うときに
参考にしてみてくださいね☆