異業種からプロの画家になるには大学へ行かなければいけないのか?

異業種からプロの画家になるには大学へ行かなければいけないのか?

おはようございますmisaです

私は栄養士の大学へ進学するときに
「私の人生で、もう絵を描く仕事には就けない」と
諦めたことがあります。

大学に行き専門的な技術を教えてもらえないと
プロの世界では通用しないと思ったからです。

実際のところ本当に画家には
なれないのでしょうか?

今日は画家になる方法・異業種から画家への転向や
可能性など考察していきます。

突然思いたてば誰でも画家


画家になるには?

イラストレーターになるには?

漫画家になるには??

など過去に調べたことは
もちろん私にもあります。

そこで書かれていたのは

今日からあなたが画家だと名乗れば

あなたは画家になる

とのことでものすごく驚きました。

 

画家は資格ではない。資格なんていらない


私は管理栄養士でした。
大学で4年間勉強し国家試験をパスし
やっとのことで資格を取得しましたが

画家やそれらの絵の仕事については
基本的に資格はありません。

もしかしたら彫紙アートのように
ライセンス形式な分野もあるかもしれませんが

調べる限り見たことはありません。

そう考えると大学はなぜ必要なんでしょうか?

 

教員免許が取れる


たとえば多くの大学では
教員免許が取得できます。

人に教えるためのスキルを
身につけることが出来るのです。

試験さえパスすれば公務員になれるので
厳しい画家の世界ではある意味で
くいっぱぐれのない命綱のようなものです。

その代り公務員試験ともなると
試験は大変になるし
目指す人も多いことでしょう。

しかし人に教えるスキルがあり
なおかつ教員免許を持っているだけで
信頼される場合が多いので

絵画教室を開くという手もあります。

しかし画家になりたい人は誰かに教えたくて
なるわけではないと思います。

多くは自分が描きたいものをよりよく描くために
大学へ通うのではないでしょうか?

 

自分にブランド力が欲しい

私がもし美大に行けるなら

有名なところに行きたいと思います。

有名な美大なら目指す人も多く
教授も有名な方が多いイメージで
多くのことを学べそうだし

なおかつ教員免許を取れば
生きていけそうだし。

一番は有名大学を出たという
ブランドが自分に付く

 

こう思います。

自信を付けたいんですね。

美大は入るのは難しいが、出るのはもっと厳しい
と聞いたことがあります。

なので一流のスキルが身につくのではないか
と思っていましたが

実際、自分も大学を出て思うのは

全て自分次第。

何よりいい大学を出たからと言って
自分の作品が売れる保証はありません。

自分の作品が一般的に認知されるようになってから
後から大学名などのブランドは
付いてくるような気がします

 

大学や専門学校に行かずともプロはたくさんいる

私が知る限り
周りの活躍している人で

美大出身じゃない人はたくさんいます。

異業種からの転向組も多いです。

そう、アートの扉はどんな人にも平等に
開かれています。

もちろん多くのことを学んでいる人より
努力が必要になってくるでしょう。

その努力が苦にならいから画家に
なれるのかもしれませんね。

好きという気持ちはどんなことにも負けない
原動力になります。

 

出来ないことはない。何歳からでも挑戦できる!

美大や専門学校という選択肢が選べる今の時代
とても恵まれています。

他の大学に行き他に興味のあることを
勉強もできます。

そして、どんな道からでもアートの世界へ
入ることが出来ます。

選択肢は自由です。

可能性も無限です

 

私の好きな歌詞で

we can do anything
we can be anything
(僕たちは、なんでもできる!なんにでもなれる!)

というものがあります。

私たちには不可能ではなく
可能性しかありません。

画家になる方法は人によって違うし
正解はありませんが

目指せば必ずたどりつけます。

目指す人は共にがんばりましょう!