意外と難しい?初心者でも挑戦しやすい水彩画の描き方とは

意外と難しい?初心者でも挑戦しやすい水彩画の描き方とは

おはようございますmisaです

結構水彩画を始めてみようと思う方は多いようですね^^

画材も安くて100均でそろえることもできますし
気軽に挑戦しやすいのも魅力的ですよね^^

今回は新しいことに挑戦しようと思っている
初心者の方に向けて簡単に説明していきます^^

 

水彩画の魅力ってなに??

いろんな画材がある中で
本格的にアートっぽい雰囲気が出せるのは
水彩画じゃないかなと勝手に思っています

色鉛筆やクレパスアート、アクリル絵の具など
ありますが

絵が苦手な人が使ったら
割かし色がはっきり出る画材なので
子供っぽくなってしまって
やる気をなくしてしまう恐れがあります。

やってみたい!や絵が苦手でも好きな気持ちを
潰してほしくないので(笑)

もちろん上記の画材を使われても素晴らしい作品は
無限に作れます。

自信がない人は、まずは水彩絵の具に慣れてから
挑戦してみてくださいね^^

 

水彩画の簡単なテクニック?

水彩絵の具での肌色の作り方という
記事にも書いていますが

水彩画は透明絵の具と不透明絵の具なる種類があり
基本的に白と黒は不透明絵の具だそうです

水彩絵の具は下の色が透けるとのことで
重ね塗りをして作品に深みを与えることができます


なので水彩画は薄めて薄めて色を重ねていく
この方法をお勧めします。

同じ色でも1回水につけるのと3回水に
つけるのとでは全然変わってきます。

気軽に水彩画の雰囲気が出ますのでお勧めです^^

 

なんだかんだ言いながらルール無用

水彩画について書いていますが
作品を作っているときに
色鉛筆やボールペンを使って絵を描いたり
色に深みを出すこともできます

 

過去に紹介した水彩色鉛筆の使用も
オススメです^^

使用するときは事前に描いておいたり
水彩絵の具で色を塗り乾いた後に
加筆するなど方法も様々(笑)

ちなみに水彩画の前にボールペンで
絵を描く場合ジェットストリームが
水ににじまずお勧めです^^

ジェットストリームは今日本で
爆発的な人気があり
私は仕事でも愛用しています^^

あとシグノの0.28?のペンは世界中の
インスタグラマーアーティストも
愛用しておりますので
是非チェックしてみてください

これらは100均でも売っていますよ^^

 

乾かすと紙がよれる!!!!

水彩画を楽しむのにも乾くと紙がよれてしまいます

初めて挑戦される方はこの前情報がなければ
乾いた後ビックリするでしょうね(笑)

濡れれば紙はよれます
結構えげつないくらいよれよれになります(笑)

 

私が前回紹介したブロック状の水彩画用紙
使用を勧めますが1000円以上しますので
手軽によれないようにするためには

丈夫な板を用意し
画用紙の四方をマスキングテープで
板に張り付ける

これです!!!

普通の四つ切画用紙(200円くらいで売ってます)
でもいいと思いますが筆で塗るたびに表面が
ボロボロになり細かいごみが出る場合があります。

なので表面が丈夫な水彩画用紙をお勧めします

表面のよれが気にならなければ
水彩画用のスケッチブックでもよいでしょう^^

ちなみに水彩画用の紙なら表面も強く
普通の画用紙よりよれにくいと思います

 

今日からあなたも水彩画アーティストに!


水彩画だけではありませんが
一つ一つの画法は奥が深くまだまだコツや方法は
たくさんあります^^

自分の描き方を探してみましょう☆
是非アートをそばで感じてみてくださいね!